スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2011年07月07日

七夕の物語

 

今日は七夕の日ですね。

子供の頃は短冊に色んな願い事を書いたものですが、大人になってからは縁遠くなりました。

今夜のお天気はどうなんでしょう?

多分、お星様は見られないんでしょうね~残念!!

ところで、

息子が持ってる絵本の「たなばた」には違うタイプのお話が綴られてて、読んでて涙がでそうになりました。

あらすじは・・・・・・

牛飼いと、牛飼いに見染められた織姫は結婚して男の子と女の子に恵まれました。

しかし、この事に怒った天の神様に織姫は天に連れて帰られます。

牛飼いは子供達を籠に入れて織姫の後を追います。

しかし、

行く手には天の川があって織姫の元へたどりつけません。

「とうさん、このヒシャクでくみだしましょう。この川の水がなくなるまで。」

「そうだ。天の川をくみほそう」

おやこは涙をふきました。

すぐにヒシャクをとって、川の水を汲み始めました。

父さんが疲れると男の子が、男の子が疲れると女の子が・・・・・

大泣きまぁ、こんな具合に親子が一生懸命やってるのを天の神様が見て可哀想に思って

一年に一度、七月七日に会う事を許されるのです・・・・泣き

読みながらリアルに想像してしまいウルウルしてしまいました。

最後に

「七夕に雨が降るのは織姫が流す涙なのです」・・・ってもうダメ押しで鼻がツーンときました(鼻炎じゃないヨ)

晴れた日の夜

天の川が見えたらその両側にきらめく、牛飼いと織姫の星を見つけて下さい。

そして、牛飼いの傍に、二つ並んだ小さな星が子供達だそうです。

昔の人が考えた物語、たまには星空を見上げてしばしロマンにひたってみませんかりんご









  


Posted by まつまる at 12:30Comments(5)読み物

2011年06月26日

のら犬クラスメイト


ママ友のNちゃんから

「この本読んでみない?まっちゃんと同じ土々呂中出身の子が書いた本なんだけど、懐かしいかもよ」

って、貸してくれたのがこの「のら犬クラスメイト」の本。

パラパラってめくったら、土々呂海岸の写真がポツポツとあって

「懐かしい~」って、しばしその写真に見入ってしまいました

この本は著者が土々呂中学校の生徒であった頃に出会った「親(親)」・・・著者がつけた犬の名前

と、著者とその友達との波乱万丈な出来事を書き上げたものなんですが、

「親」の出産、生まれた子犬達の世話、「親」との日常生活、

「親」とともに思春期を過ごし成長する著者と友達の様子、


家事の合間、合間に「親」の運命は?子犬達はどうなるのか?と、ドキドキしながら読みました


中学生がのら犬の世話をし、また生まれた子供達の世話をする様子、

その場限りの事ではなくずっと、最後までやり切るんですが

最後の方は涙、涙でした



この本を貸してくれたNちゃんに現在の著者の様子を聞いたら

「沖縄に行ってジュゴンの保護活動に参加したりしてるよ」って、聞き・・・・・「納得」

もう一冊、「うちの子野子」ってうさぎの本もあるそうなのでそっちも読んでみようと思います

でもこの本読むとうさぎを飼いたくなるそうですヨ












  


Posted by まつまる at 11:02Comments(2)読み物