2011年07月28日

日本沈没

   今日、SF作家の小松左京さんが亡くなられたと、臨時ニュースのテロップがテレビ画面に流れて


思いだしたのが

「日本沈没」

子供の頃、ノストラダムスの大予言とか流行ってる時に

この、「日本沈没」の映画・・・ドラマだったかな?

が、話題になってて、

本当にこんな日がやってくるのかな?って、子供心に不安になった時もありました。

SF小説が大好きだったんですが、地球が悲劇的な最期を迎える話の方が多かったような気がします。

でも、宇宙ステーションで生活する話とかもあり、当時は夢みたいな事だなって思ってましたが、今はそれも現実になってるし、

昔は夢物語だった事がどんどん叶えられてて、長生き(?)したのか、生まれ育った時代が丁度良かったのか?

どっちか分からないけど、

ちょっぴり怖かった「日本沈没」の小説から色んな想像と夢を膨らまさせ楽しまさせていただきました。

小松左京さんありがとう。

心からご冥福をお祈りいたします。



同じカテゴリー(日々の出来事)の記事画像
オ間抜けちゃん
ケロケロ?
追い込み
姉の話
やめて下さいヨ!もー!!
花びらが、
同じカテゴリー(日々の出来事)の記事
 オ間抜けちゃん (2013-02-04 19:23)
 ケロケロ? (2013-01-10 16:29)
 追い込み (2012-09-02 13:26)
 姉の話 (2011-12-20 17:18)
 やめて下さいヨ!もー!! (2011-12-13 16:55)
 花びらが、 (2011-12-01 16:54)

この記事へのコメント
☆ぐりーんざうるす1号さん☆

そうそうそう!!
ドラマの歌でしたね。
歌が流れる中金閣寺が沈んでいくのが印象強く残ってます。

五木ひろしの歌もいいのが沢山ありますね、お母さんの気持ち分かります。


☆pia masaさん☆

私は全部見てるんですがやっぱり子供の頃にみた「ドラマ」が怖かったな、ってのが・・・子供だったので、「海に沈むの?」「助かるの?」って強く印象に残ってます。

ここは、手っとり早くTSUTAYAでDVDを借りる事に、
リメイク版も良かったです。

私ももう一回みようっと!!


☆キリンさん☆

藤岡弘といしだあゆみ・・・そうです、そうです。
画像を取る時に、お二人の画像もありました。

筒井先生、大好きです。
小松左京さんとは全く違う感性のSF小説(?)を書かれますよね。
Posted by まつまるまつまる at 2011年07月28日 23:24
映画は
藤岡弘といしだあゆみだっけ?
うろ覚えです。

筒井康隆の小説に
日本以外全部沈没というのがありました。
パロディーです。
関係ないけど。
Posted by キリンさん at 2011年07月28日 22:50
日本沈没って映画は見てない気がします。
漫画は途中まで読みましたけど(^^;
確か映画版ってオリジナルと
草薙剛さんでのリメーク版の2つありましたよね?
どっちが面白いんだろう?
今更ですけど見たくなりました。

あ、やっぱり最初は小説を読んだほうがいいのかな?
Posted by pia masapia masa at 2011年07月28日 22:25
日本沈没、ドラマも映画もありましたね。
私は、ドラマの方の日本沈没の主題歌、五木ひろしが歌っていましたが、
フョーク調でこの曲大好きでした。
「たとえ、小さな命でも、籠からだして大空へ。。。」と始まります。
覚えありますか?
話変って五木ひろし、うちの母がめっちゃファンです。
Posted by ぐりーんざうるす1号ぐりーんざうるす1号 at 2011年07月28日 18:43
コメントは承認後に受け付けますので少し遅れることをご了承下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本沈没
    コメント(4)