2012年02月24日

ことばの風景




「夢見鳥」

ぽつぽつと咲きはじめた花のまわりを、

好きなだけ、ふわふわと舞い

好きなだけ、甘い蜜を吸って

好きなだけ、素敵な恋をして。

夢を見る鳥のようにただよう蝶々の姿が、

ぼんやりとまどろんでいる春を刺激する。

あくびをひとつ、それから大きく伸びをして、

分厚い冬の布団をよっこらしょと脱ぎ捨てたら、

春はようやく、新しい季節をもたらしてくれる。

かわいらしい蝶々の誘惑に巻きこまれると、

味気ない都会の風景も、いつのまにかうっすら

桃色に染まっていた。


文/丸山砂和
(クリム3月号より)


もうすぐ春ですね

(*^_^*)



Posted by まつまる at 16:25│Comments(0)
コメントは承認後に受け付けますので少し遅れることをご了承下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ことばの風景
    コメント(0)