2013年05月25日

多崎つくると、巡礼の年と、ちょっとしたイライラ



やっとこさ読み終わりました。


私的には、ミステリー小説みたいな感じで、
どうしてそうなったのか、答えが知りたく、知りたくて、少しでも暇な時間があれば読んでました。


この小説には途中で所在不明になった人物や、後は読者の想像にお任せ〜の結びがあるので、


是非ともシリーズ化して謎を解き明かして欲しいです。


小説の題名にある「巡礼の年」とは、同名のピアノ曲集からきていて、


YouTubeで聴いてみようと思いましたが…

ダウンロードに時間がかかり…イライラ〜イライラ〜

TSUTAYAにあるかな?



しかし、この小説は大変面白かった。


「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」


フィンランドにも行きたくなったし、駅にも興味がわいたし…

感化されやすいデス

( ̄ー ̄)



Posted by まつまる at 12:53│Comments(0)
コメントは承認後に受け付けますので少し遅れることをご了承下さい。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
多崎つくると、巡礼の年と、ちょっとしたイライラ
    コメント(0)